APIS


真作 山本貴嗣『桃源荘綺譚』第3話サイン入り原画・16枚セット(1980年・山本貴嗣が学生時代に山本一雄の名で描いた週刊連載作品)

オークションID
s798257675
カテゴリのID
2084050909
カテゴリパス
オークション > コミック、アニメグッズ > サイン、直筆画
タイトル
真作 山本貴嗣『桃源荘綺譚』第3話サイン入り原画・16枚セット(1980年・山本貴嗣が学生時代に山本一雄の名で描いた週刊連載作品)
商品URL
出品者
Yahoo! JAPAN ID
出品地域
神奈川県
画像
開始価格
16,000 円
現在価格
31,000 円
商品の数
1
現在の入札数
6
開始日時
1月 18日 13時 36分
終了日時
1月 24日 21時 29分
希望落札価格
最低落札価格の有無
無し
オプションアイコン
商品説明
山本貴嗣・本人によります出品です。

山本貴嗣が大学時代、山本一雄のペンネームで週刊平凡パンチ誌に3カ月に渡って連載した全12話のドタバタコメディ
『桃源荘綺譚(とうげんそうきたん)
山本貴嗣の40年以上に及ぶ漫画家人生で、ただ一つの週刊連載漫画です。

これはその3話目、全16ページ。
作画部分はB4相当なのですが、少し余白が大きめの原稿用紙に描いていて、A3より少し小ぶりな感じです。

当時は今の山本漫画のように、ページごとに執筆日時とサインを入れる習慣がなかったため、今回の出品にあたり、金色インクのボールペンで、今の日時で確認サインを入れました。

●なお、この回には、珍しく当時の「山本一雄」のサインが最後の16ページのコマの中に入っています。「KAZUO YAMAMOTO」のサインをナマで見るのは私も何十年ぶりかで、正直もうソラでは書く自信がありませんw レアなものです。

私は1977年に大学と並行して故・小池一夫先生の劇画村塾にも入塾し、教えを受けました。その流れで19歳でデビューしてしばらくはマネージメントを小池先生の会社スタジオ・シップにおまかせしておりました。この出品には、オマケとして保管されていたその封筒も御付けします

目だった汚れや破損はありませんが、41年も昔の原稿ですので、セロテープの後などが茶色く変色しています。もしかしたら、一部に写植のはがれなどあるかもしれませんが、あしからずご了承ください。
 ちなみに、あまりにも昔の、まだ絵も話も未熟だった時代の作品で、今読んで面白いかと言うと正直うつむいてしまう代物です。
 あくまで「こんな時代もあったのか」という歴史的遺物としてご覧いただけますと幸甚です(大汗);

山本本人による出品ですので、まごうかたなき真作ですが、ヤフオクルールにのっとり「万一贋作の場合のみ、返品返金に応じさせていただきます」と申し上げておきます;
 どうぞよろしくお願いします。




copyright APIS