APIS


塚本小太郎善昭遺作 昭和の清麿塚本起正子 八鍬靖武銘之 身幅3.5cm金筋幾重にも掛る傑作 二尺四寸九分

オークションID
c833629205
カテゴリのID
2084310195
カテゴリパス
オークション > アンティーク、コレクション > 武具 > 日本刀、刀剣 > 刀、太刀
タイトル
塚本小太郎善昭遺作 昭和の清麿塚本起正子 八鍬靖武銘之 身幅3.5cm金筋幾重にも掛る傑作 二尺四寸九分
商品URL
出品者
画像
開始価格
1 円
現在価格
465,000 円
商品の数
1
現在の入札数
131
開始日時
6月 30日 16時 57分
終了日時
7月 6日 22時 41分
希望落札価格
最低落札価格の有無
無し
オプションアイコン
商品説明
昭和の清麿幻の名工塚本起正の子
刀剣研究家酒井則雄氏所持
金筋砂流し幾重にも掛り匂深く匂口明るく冴える傑作
刀 銘 塚本小太郎善昭誠惶遺作 昭和四十二年仲秋
     主酒井則雄 昭和四十四年仲春 八鍬靖武銘之
     
法量 説明
長さ

反り
元幅
先幅
元重
鎬厚
先重
鋒長
茎長
重量
75.5cm
(二尺四寸九分)
2.0cm
3.5cm
2.5cm
0.64cm
0.72cm
0.48cm
3.9cm
22.4cm
940g
鎬造、三つ棟、身幅広く、反り深く、中鋒。鍛は、板目肌に、杢目肌よく交じり、地沸微塵につき、地景入り、鉄冴える。刃紋は、のたれに、互の目・丁子刃交じり、飛び焼き頻りに掛り、足・葉頻りに入り、沸深くつき、金筋・沸筋・砂流し幾重にも頻りにかかり、匂深く、匂口明るく冴える。帽子、直ぐに小丸、頻りに掃きかける。彫物は、表裏に棒樋丸止め、表樋中八幡大神の文字、裏に梵字と毘沙門天を掘る。茎は、生ぶ、先栗尻、鑢目切、目釘孔二。ハバキは、金着二重。
起正は、名を塚本新八といい、大正四年に福島県郡山市に生まれ、昭和八年に笠間一貫斎繁継の門人となり、後娘婿となった。昭和十八年に陸軍受命刀工となり、新作日本刀展において、特賞・総理大臣賞・海軍大臣賞・文部大臣賞等多数受賞、伊勢神宮奉納を務めたが、昭和三十五年に急逝する。あと1~2年生きていれば、宮入昭平氏に先んじて人間国宝にと目されていた幻の天才刀工である。得能一男先生も現代刀で起正の右にでるものはいないと言いきっていたといい、その作風は清麿を彷彿とするものがあり、銘を切り直し、清麿や栗原信秀に化けているものが多くあると言われている。善昭は、塚本小太郎といい、塚本起正の子で、昭和43年に早世した為父同様作品は少ない。この刀は、反り深い太刀姿で、板目肌に杢目肌がよく交り、ザングリとした地鉄に、のたれに、互の目・丁子刃交じり、飛び焼き頻りに掛り、足・葉頻りに入り、沸深くつき、金筋・沸筋・砂流し幾重にも頻りにかかって縞掛り、匂深く、匂口明るく冴え、覇気溢れる。父同様その才能と実力が窺える最高傑作である。本作は、善昭刀匠の遺作で、銘を切る前に亡くなった為、刀剣研究家酒井則雄氏の依頼で、無監査の靖国刀匠八鍬靖武が切銘している。



送料 ゆうパック140サイズで発送いたします。
注意事項 ※写真の色はなるべく実物に近づけるようにしておりますが、多少異なる場合があります。また寸法は、多少の誤差はご容赦ください。
※即決や希望価格と隔たりがある場合等、取下げさせて頂く事がございます。
※キャンセル、返品はお受けできませんので、写真を良くごご覧の上ご判断いただき、責任のあるご入札をお願いいたします。
落札後24時間以内のご連絡、3日以内のご入金をお願い致します。ご連絡・ご入金がない場合、誠に恐縮ではありますが入札者都合で落札を取り消させていただく場合もございますので、ご注意ください。
※刀剣及び火縄銃は、銃砲刀剣類所持等取締法にもとづき都道府県の教育委員会に所有者変更の届出が必要です。刀剣所持者変更はがきを同封致します。
※評価が新規の方・悪い評価がある方の場合入札を取り消させていただくことがございます。 お手数ですが、上記の方は、かならず質問欄よりお名前・ご連絡先を明記の上、事前にご連絡をお願いいたします。 (質問には返信いたしませんので、内容は公開されません。)




copyright APIS