「クロスバイク」のQ&A一覧:

Q.  通学向けの自転車についてです。 通学向けの自転車についてです。 高校で通学に使う自転車の購入を考えています。
30分程なのですがラグビーをしていて体重もあるのでしっかりとしていてなおかつ通学向けの自転車を探しています。
マウンテンバイクが良いかなぁと思うのですが…
もし耐久性がありなおかつスムーズに走れる自転車があれば教えてください。よろしくお願いします

A.  ごちゃごちゃと書きすぎたので、一度消して改めて書かせてもらいます。


その用途ならママチャリで十分ですが、強いてスポーツサイクルで選べばクロスバイクが良いですよ。ママチャリより断然速いです。

マウンテンバイクはエネルギーロスが多いので、サイクリングには向きません。
ロードバイクは安定性がないので、通学には向きません。

おすすめのクロスバイクはサイクルベースあさひで売っている、プレシジョンスポーツG(税込39800円)です。なかなかの快速車ですよ。
これが一番安いクロスバイクです。これより安いクロスバイクは全部パチモンだと思ってください。

もう少し性能良いのが欲しいなら、ジャイアントのエスケープR3(税込56100円)がおすすめです。乗り心地もこっちの方が良いと思います。
大抵のスポーツサイクルショップで扱ってます。あさひでも売ってます。

耐久性ですが、どちらも100キロくらいまでなら大丈夫です。
それより重いなら店員さんと相談してください。
詳しくはこちら



Q.  クロスバイクの購入を考えています。
タイヤの太さは23C(インチ? クロスバイクの購入を考えています。
タイヤの太さは23C(インチ? )にしようと思っています。


3本スポークが格好良いと思っているのですが、
メリット/デメリットは何がありますでしょうか。
例えば下記のような自転車です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PVH32NH/ref=ox_sc_saved_title_2?smid=A6A37QI9EK0C4&psc=1

ご回答宜しくお願い致します。

A.  URLの自転車は、確かに見た目は格好良いですが、多分恐ろしく重たい自転車で上り坂が大変かと思います。29インチでハードテイル(フロントサス)なので、乗り心地は良いと思いますがとにかく重いと思います。てことで、メリットですが見た目が良い、乗り心地が良い。デメリットは、重いに尽きると思います。さて、29インチのホイールに23cのタイヤを組み合わせることはリム幅からいって少し難しくもう少し幅のあるタイヤ、たとえば700×32cならば可能ではないかと思われますがかなり無理やり組みこんでの話です。実際に試した訳ではないのであくまでも予想の範囲です。
詳しくはこちら



Q.  クロスバイクのグリスって速度何キロくらい走ったら クロスバイクのグリスって速度何キロくらい走ったら グリス抜けますか?

A.  ベアリング等には、グリスが密封されてます。
流れ出る事はありません。


グリスにも固さがあるのはご存知ですか?
ステム等の向きを変えるだけのベアリングにはスムーズに回る柔らかめのグリスを、ハブやBB 、プーリー等激しく回るベアリングには固めのグリスが使われます。

因みに、ダンプやトラックの車軸のベアリングには、滅茶苦茶硬いグリスが使われます。
車検でグリスアップする時は硬いグリスを掴んでベアリングに押し込み、古いグリスを下に押し出すという作業をします。
超ハードな仕事ですよ(((^_^;)。

クロスバイクのベアリングはグリスアップ何てしません。
基本ベアリングを新品に交換します。
詳しくはこちら



Q.  初めてクロスバイクを買おうと思ってます。予算は税込で6万~7万。自分は腰痛持ちなのでそんなに前屈みにならずに乗れて腰に響かない程度の乗り心地のクロスバイクを探しています。何かおすすめのクロスバイクはあり 初めてクロスバイクを買おうと思ってます。予算は税込で6万~7万。自分は腰痛持ちなのでそんなに前屈みにならずに乗れて腰に響かない程度の乗り心地のクロスバイクを探しています。何かおすすめのクロスバイクはあり ますでしょうか?

A.  僕もヘルニアで毎日2回痛み止めを飲んでますが、TREC FX 3に乗ってます。

要は腰に負荷がかからない乗り方をすれば、普通のクロスでも大丈夫という事です。


例えば、道路の継ぎ目や踏切を走る時にはサドルから腰を浮かせて、振動が直に腰に来ない様に走る。

段差を越える時にはまず徐行、段差の手前でペダルに立ち、越える時にハンドルバーを軽く持ち上げてショックを緩和する等の走りを心掛ければ、クロスバイクは最高に楽しい乗り物です。


腰痛持ちだからと始めから自分を庇ってたのでは、何も出来ません。
「腰痛持ちは俺だけじゃ無い。よーしやってやろうじゃねぇか❗」
と、たまには男気を見せて下さい。

そこから進化は生まれるのです。
詳しくはこちら



Q.  クロスバイクのGIANT RやRXの過去車に付いている3X9速のギアが使いにくい?評価が良くないというコメントをネットで見たのですが実際にはどのような感じなのでしょうか? クロスバイクのGIANT RやRXの過去車に付いている3X9速のギアが使いにくい?評価が良くないというコメントをネットで見たのですが実際にはどのような感じなのでしょうか?

A.  単純に3×9ってトレンドじゃないですからね。
いくらフロントの枚数が多くても、ギア比がかぶるレンジがかならずあるので、27段も変速できるぞ!っていうことじゃないし、何ならギアマネジメントがめんどくさいというデメリットもあります。
あとインナーロー軽すぎアウタートップ重すぎで使いみちがなかったりとか。

そんな感じで、技術の進化もあってMTBで主流のワイドレンジスプロケットができたわけです。
1×12とか。
フロントシングルなんでチェーンも落ちにくい。
3×9の90%くらいのレンジもカバーできるし、ハンドル周りスッキリ、軽量化にも貢献と、良いことしかないですね。

街乗りマシンであるクロスバイクで3×9が必要かと聞かれたら、要らんということができますが、もし1×10〜12だったらメチャ使いやすいと思います。

とまあそんな事情もあり、3×9の評価が低いんではないかな?と推測しますが、モノ自体は長年使われてきたいたって普通の3×9なので、メカニカル的なことに関してはおそらく問題がないと思いますよ。
詳しくはこちら



Q.  ワークマンのサイクルジャケット(2900円)着てロードバイク乗ってたら恥ずかしいですか? ワークマンのサイクルジャケット(2900円)着てロードバイク乗ってたら恥ずかしいですか?

A.  これ、話のネタに一着持ってます(笑

ご利用の目的次第だと思われますので、ポタリング程度のご用途なら、少なくとも所謂“普段着”より快適で、扱い易いものだと思いますね。

他の回答者さん方が多くご指摘の通り、本格的なものと比較すると、それは、どちらもが“可哀想”というものですよ(笑

少なくとも競技レベルの“走り”をお求めなら、全くお話にならないでしょう。

逆に、前述の様なポタリング程度なら、それなり…ともいえる仕様かと。



当然、“絶望的”かはともかく、ダサさは価格なり…かとも思いますが。


私は、少なくとも競技レベルは求めてはおらぬサイクリストでして、ロードバイクでそこそこの距離(100km超~200km程度)を、楽しく“走る”目的の時にはPEARL IZUMIやKAPELMUUR等のウェアを愛用しておりますが、クロスバイク等で50km~100km程度を、これまた“楽しく”走る程度(サイコンのアベレージで、25km/h~20km/h程度で)の時には、ご提示のもの…等も気楽に使用しております。
(後者の様なライドで、ご提示のウェアを利用した際、少なくとも私は、汗が冷えて凍る様な思いをすることはなく、全く使用に問題ありませんが、前者の様なライドを楽しもうと目論む際は、ハナからご提示のウェアを着用しません)

これも前述の通り、普段着などでサイクリングするよりは“遥かに”快適です。
(サイクリング仕様ではない動き易いスポーツウェアで、更に風の抵抗を受け難い仕様のものと同等程度の快適さに、サイクリング仕様として背中長めのカッティングと、滑り止め(捲り上がり止め)、バックポケットがある分、僅かに優位かと…)


ただ、恥ずかしい…かは、何を基準とするか…それぞれですよね。
(お世辞にも、センス溢れるデザインとは言い難いですからねw)


ゆるポタのBBQライドに、ガチガチのピチピチウェア…も恥ずかしいのかも知れませんし、ご提示のウェアで、所謂 ガチ勢かの様に振る舞われても…また恥ずかしいかも知れませんよね(笑
詳しくはこちら



Q.  クロスバイクで毎日往復20km乗っていた場合、ホイールの寿命は2-3年ぐらいですか? クロスバイクで毎日往復20km乗っていた場合、ホイールの寿命は2-3年ぐらいですか?

A.  ホイールの寿命は約20000キロと言うのが一般的です。


当然、メーカーや使用状況によって、この数字は増減します。メンテナンスの頻度によっても変わってくるでしょう。
なので毎日乗ってれば20×365=7300キロ×3=21900キロと言う事で、計算上は約3年と言うことになります。
ただ寿命が来たからと言っても急に壊れる事は無く、ハブの回転が悪くなったり、スポークが折れたり、リムがブレーキですり減って変形したりと徐々に使い辛くなって来ると言う事です。

突然スポークが折れたり、リムが変形したりする事も有りえるので3年位したら、自転車屋さんでメンテを兼ねて一度見てもらいましょう。
詳しくはこちら



Q.  クロスバイクのブレーキシューは、 クロスバイクのブレーキシューは、 M70R2
M70CT4
どっちを選べば良いですか?

A.  どちらも装着できますがシューの性格が違うようです。
以前シマノの説明をどこかで読んだときの記憶だと

リムへの攻撃性がR2>CT4 だったはずです。

R2は制動力はドライウェットともに高いがリムをよく削る、音鳴りもしやすいとか。
基本CT4を選んでおくのがいいと思います。
詳しくはこちら



Q.  ロードバイクかクロスバイクどちらを購入しようか迷っています。 ロードバイクかクロスバイクどちらを購入しようか迷っています。 スポーツバイクを買う理由としてはサイクリングを始めたいなと思い、購入しようかなと思っています。

ですが、身長が145cmで女子のため乗れるロードバイクがあまりなく、ですがロードバイクのドロップハンドルにとても憧れていてなかなか諦めることが出来なくて迷っています。
距離はまだ何キロ走るとか決めていなくて慣れたら徐々に遠いところまでサイクリングしようかなと考えています。


ロードバイ...

A.  こんにちは。

ここで質問をする前に、十分に下調べをしており、未経験者ながら非常にポイントを心得た質問で感心しました。貴方のロードバイクへの本気度がよく伝わります。ご質問が何点かありますので、答えられる箇所について答えさせていただければと思います。

(1)クロスバイクかロードバイクかについて
間違いなくロードバイクを買うべきだと思います。用途的にクロスバイクの方が良い場合もありますが、貴方の場合はロードバイクを買わないと後悔するパターンかと思います。自転車に乗ること自体を目的としているからです。ドロップハンドルの操作感、STIの動作はとてもスポーツバイクらしいもので、貴方のテンションを上げることは間違いないです。ですので、以降クロスバイクに関連するご質問には回答しない方向です。


(2)サイズ感について
股下、手の長さなど細かいサイズの差はありますが、標準的な日本人女性で慎重が145㎝だと、サイズはXXSになります。XSでもおそらく大きいと思います。ただ、クロスバイクよりロードバイクの方がタイヤのクリアランスが低いのでその分、小さく本体を設計できます。ですので、仮にクロスバイクのXXSがきちんと乗れるならば、ロードバイクのXXSも乗れる可能性が高くなります。

また一つの目安としては、トップチューブに跨れるかというところで、トップチューブがホリゾンタルではなくスローピングになっているとここが跨げやすくなり、信号待ちなどでスムーズになります。

また、ロードバイクは現在、エンデュランス、ヒルクライム、エアロスプリントというようにラインアップが存在しますが、初めてであればエンデュランスのものが良いと思います。ハンドルが高く、前傾がゆるいので、同じサイズならば、より身長が低くてもハンドルバーに手が届きやすいです。RL6Wですとフレームサイズは390mmとのことで、こちらはXXS相当ですので、おそらく大丈夫だと思います。

AVAIL ADVANCED 2
¥250,000(税抜)
https://www.liv-cycling.jp/liv20/bike_datail.php?p_id=00000111

ですと、サイズは385mmからあります。こちらはご検討のモデルより高価になりますが、カーボンモデルです。トータル25万ですとおそらく消費税、アクセサリーをいれると総予算を5万円ぐらいオーバーしそうです。


(3)価格について
これは本人の予算次第というのもあり、一概には言えませんが、十分15万円のロードバイクでもその良さが分かると思います。初めてですとバイクの扱いがどうしてもわからず、ダメージを与えてしまうことがあるので、そういった意味では多少雑に扱っても大丈夫なアルミのモデルは悪くないと思います。ただ、今までクロスバイクにすら乗っていなかったとして、性能アップを独断と偏見で数値化すると、

ママチャリ10
→5万円のアルミクロスバイク40(+30)
→10万円のアルミロードバイク50(+40)
→25万円のカーボンロードバイク55(+45)

って感じで性能はアップします(あくまで主観)。なので、最も低い予算で体感性能差を味わいたい場合は、ママチャリ→(5万円)→クロスバイクとなります。逆に最もコスパが悪いのは、アルミロードバイク→(25万円)→カーボンロードバイクで、25万も出した割に性能差はアルミロードバイクに比べてさほど上がりません。

ですので、最初にママチャリからアルミロードバイクを買えば、40アップでおそらくなんじゃこりゃレベルで感動できますが、アルミロードからカーボンロードに行くと、レベルアップは5程度でまあそこそこの感動ということになります。ですのでママチャリからカーボンロードにいきなりすれば、25万円かかりますが、レベルは45上がりますので、なかなか大金を払った満足度はあるかもしれません。カーボンロードなど買わないよっていうなら、この話は聞かなかったことにして欲しいんですが、未経験の時点でこれだけの予算が既に出ているということは、やる気的にも経済的にも十分これからのロードバイクライフの中でカーボンバイクを希望する展望はありそうです。ですので、そう考えるといきなりカーボンもありかなと思います。


(4)タイヤの太さとパンクリスクについて
現在のロードバイクはホイールのワイドリムというのがトレンドになっています。安定性、剛性が増す反面、ホイールの横幅が広がることでそれだけ外周部が重くなってしまいます。このワイドリムのホイールに合うサイズは25Cからとなっています。つまり23C以下のタイヤは履けません。ですが、23C並みに軽いタイヤもでていますし、空気量が増えることでそれだけクッション性能も良くなりますし、空気圧地管理も23Cの時ほどシビアでなくて良いので取り扱いとしては楽になります。また、23Cの時より空気量は多くなりますが、空気圧自体は少し低く運用することになるので、例えば出先のパンクで小型ポンプしかない場合、少しだけ入れる力が楽になります。まあ、ツーリングの際はインフレーターを持ち歩く方がスマートです。パンクの際の処置の仕方はショップで習うと思いますので、そちらをご参考ください。コンチネンタルグランプリ5000ですと高価ですが、耐摩耗、耐パンク性能が高いので長く安心して使うことができるのでお勧めです(その上グリップも良く軽量)。
詳しくはこちら



Q.  通学、週末の中〜長距離用のサイクリングのためにクロスバイクを買おうとしているのですが23cのタイヤはやめておいた方がいいですか? 通学、週末の中〜長距離用のサイクリングのためにクロスバイクを買おうとしているのですが23cのタイヤはやめておいた方がいいですか?

A.  通学で使うというなら23cはやめておくべきです。街中で乗るのは危険です。

タイヤが溝に嵌まって落車、石に躓いて落車、点字ブロックで滑って落車、段差を越えられず落車…etc。十分に太いタイヤなら絶対にあり得ない事故が続々起こり得るんですよ。
ほんの少しのスピードと引き替えに、命を天秤に掛けられますか笑。

街中走るなら28cはないと溝に嵌まっちゃいますね。
段差とかでも滑りたくないなら、もう一回り太い32cくらいあった方が良いです。
詳しくはこちら