2019-12-01
はてなブックマーク

佐藤健、妻夫木聡、池田エライザ、西野七瀬…広瀬すず、初コメディ映画に豪華追加キャスト23名一挙公開! 映画『一度死んでみた』キャスト解禁映像

oricon

朝ドラを経て今や国民的人気女優となった広瀬すずがコメディ映画に初挑戦。堤真一、吉沢亮という豪華キャストが集結した『一度死んでみた』が、来年3月20日より公開。  SoftBank「白戸家」シリーズなど数多くの国民的CMを世に送り出してきたCMプランナー/クリエイティブ・ディレクター澤本嘉光が脚本を手掛け、au「三太郎」シリーズなど大人気CMを手掛けるCMディレクター浜崎慎治が映画初監督を努めたオリジナルコメディ。  広瀬すず・吉沢亮・堤真一以外のキャストに関してはベールに包まれていた「一度死んでみた」第二弾キャスト23名が2日、一斉解禁。  計(堤真一)が「2日だけ死んじゃう薬」を飲み仮死状態の時に現れた“天国の案内人”火野役として、リリー・フランキー。計が社長を務める製薬会社・野畑製薬で秘書として勤める渡部役として、小澤征悦。野畑製薬のライバル会社で、計を本当に亡き者にしようと企てるワトソン製薬の社長・田辺役として、嶋田久作。計の妻でもあり七瀬(広瀬すず)の母親・野畑百合子役として、木村多江。野畑製薬で「2日だけ死んじゃう薬」を生み出した研究員・藤井さん役として、松田翔太が出演。  計の葬儀会場として使用されるクラウンホテルの支配人役として、妻夫木聡。高級クラブのボーイ役として、佐藤健。高級クラブのキャバクラ嬢・あかね役として、池田エライザ。野畑製薬の社員役として、志尊淳、柄本時生、前野朋哉、清水伸、西野七瀬。計の元同僚役として、古田新太。「魂ズ」を密かに見守る音楽ディレクター・ジェームズ布袋役として、大友康平。七瀬の母・百合子のお葬式で独特なお経を披露する坊主役として、竹中直人。七瀬が所属するデスメタルバンド「魂ズ」を応援するオタク役として、加藤諒。七瀬のアルバイト先であるラーメン屋の店主役として、でんでん。野畑製薬の警備員役として、城田優。  野畑製薬の掃除のおばさん役として、原日出子。七瀬と松岡(吉沢亮)の邪魔をするワトソン製薬の手下役として、新日本プロレスの真壁刀義、本間朋晃。そして、宇宙飛行士役として、JAXA宇宙飛行士の野口聡一が出演する。