2019-11-23
はてなブックマーク

映画『IT/イット』『シャイニング』オマージュシーン特別公開 映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

oricon

★チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal  現在公開中の映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』。同作では、多くのカメオ出演、名作へのオマージュや、隠れミッキーならぬ隠れペニーワイズなど、何度観ても楽しめる仕掛けが盛りだくさん。23日、本作と同じスティーヴン・キング原作を映画化した、ホラー映画の金字塔として語り継がれているあの名作へのオマージュシーンが公開された。    “それ”の策略によってトイレに押し込められたベバリー。そのトイレのドアを突き破ろうと27年前にベバリーを怯えさせたキャラクターたちが次々に顔を覗かせるのだが……その中のひとり、いじめっ子のリーダー・ヘンリーが「Here’s Johnny(お客様だよ!)」とセリフを言う。  このシーンは、雪に閉ざされたホテルに巣くう禍々しい力が引き起こす狂気と惨劇を描いた1980年公開『シャイニング』へのオマージュ。少年ダニーの父親ジャックが母親ウェンディを追い込み、バスルームのドアを斧で突き破って顔を出す鬼気迫るシーンは、映画史に残る名シーンとして知られている。  29日公開『ドクター・スリープ』では、40年前の惨劇を生き延びた少年ダニーが、呪われたホテルに再び戻り、新たな恐怖が描かれており、ジャックが顔を出した扉も登場。  その他名作へのオマージュは、『エルム街の悪夢』『デットプール』『遊星からの物体X』など数えるときりがない。また前作では、ベンの傷を治療しているシーンにペニーワイズの絵が一瞬映り込んだり、リッチーは迷い込むピエロ人形の間に90年TV版のペニーワイズが隠れているなど、隠れミッキーならぬ隠れペニーワイズが確認されている。『IT/イット THE END』での隠れペニーワイズは、スタンリーのお風呂のシーンにペニーワイズを連想させるあるパターンが隠されており、ペニーワイズに甘い言葉を囁かれてしまう少女ヴィッキーがホタルを追いかけるシーンも注目ポイント。「人の目はホタルの光を反射的に追う習性上、闇の中は見えないはずだけど、闇の中をよく見ると、ペニーワイズの姿がそのずっと前に見えるはず。彼はそこに隠れているんだ。」とアンディ・ムスキエティ監督はコメントを寄せている。