2019-11-09
はてなブックマーク

知っておきたい!歯の矯正の仕組みとは?

ブライトサイド | Bright Side Japan

歯の矯正をすると、笑顔に自信が持てるようにだけではなく、かみ合わせが良くなるなど、これからの人生に影響を与えるであろう問題が解決できるんです。簡単に言うと、歯に圧力をかけて正しい場所に戻すのが歯の矯正。 歯にはそれぞれ名前があり、歯の正しい位置を示す図が歯科医院に貼られている事が多いです。上の歯と下の歯の噛み合わせが悪い人がいるとしましょう。これは顎の不整合が原因で、矯正することで、かみ合わせが良くなるんです!一体、どのような仕組みになっているのでしょうか?また、歯並びが悪くなる原因についても見ていきましょう。 タイムスタンプ: 矯正歯科医とは? 0:54 歯の矯正が必要な理由 1:40 エキスパンダーの役割 2:36 ワイヤー矯正が何でできているのか 4:11 歯が真っすぐになる仕組みとは? 6:24 矯正は歯を強くする! 8:04 矯正を取った後はどうなるの? 8:39 #歯の矯正 #健康的な歯 #ブライトサイド 概要: ―歯科矯正を試みるほとんどの人は、10代前半ですが、最近では、大人になってから始める人も増えています。 ―家族の多くの歯並びが悪い場合、あなた自身もその遺伝を引き継ぐでしょう。また、赤ちゃんの時よくおしゃぶりを加えてたという人も、子供の歯の成長に影響が与えられた可能性があります。 ―エキスパンダーは硬口蓋の成長が止まる前、理想的には14歳になる前に、骨と軟骨を伸ばします。そうする事で、歯の密集が防ぎ、ワイヤーを取り付けるスペースが確保できるんです。 ―ほとんどの人は、大臼歯に圧力を感じ、歯にも違和感を持つでしょう。時には、鼻や目の後ろ、またこめかみにも不快感を感じます。とは言え、時間が経てば少しずつ楽になるそうです。 ―ブラケット自体はとてもシンプルに見えますが、実際にはいくつかの異なる部品で構成されていて、すべて一緒に機能します。歯科用接着剤、ブラケット、アーチワイヤー、結紮線、スペーサー、そして必要であれば矯正用のゴム。 ―ブラケットに繋がっているワイヤーは、歯を動かすときに重要な役割を果たします。通常、ワイヤーは曲がりませんが、口からの熱がワイヤーをより柔軟にします。 ―歯は骨であり、歯の先端しか見えてないという事を覚えておきましょう。残りの歯は歯肉に固定されていて、動きやすくするためにも柔らかいんです。 ―歯並びが美しくなり、顎が正しい位置に戻る事に加えて、歯の矯正には他にもメリットがあります。なんと、歯を強くしてくれるんです! ―それでは矯正をしてから2年が経ったとしましょう。矯正歯科医はまず、ゴム、ワイヤー、そして結紮線を取り外します。 ―そのまま恐らく、残っている接着剤を取り除くために、治療室でしっかり歯を磨くことになるでしょう。 ストックマテリアル (写真、動画など): https://www.depositphotos.com https://www.shutterstock.com https://www.eastnews.ru エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/ ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525 ------------------------------------------------------------------------------------------- 5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6 落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk 123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB 私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI ---------------------------------------- 声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)