2019-12-28
はてなブックマーク

台風19号の影響で満水になった八ッ場ダム【試験湛水】

jitensya37

八ッ場ダムでは2019年10月1日からダム建設の最終段階である試験湛水を開始し、3~4ヶ月かけて徐々に水位を上げる予定でした。 しかし、10月12日の台風19号の影響により水位が急上昇し、翌日の10月13日には常時満水位付近まで到達、16時から水位維持操作に移行しています。 八ッ場ダムの常時満水位と洪水時最高水位(サーチャージ水位)は共に標高583mです。 10月14日の6時時点の水位は標高580mで、10月15日には標高583m付近まで到達しています。 なお、試験湛水はダム建設の最終段階で実施される工程で、ダムを満水にしてから最低水位まで徐々に放流し、ダム施設や貯水池周辺の安全性を検証するものです。 (2019年10月14日撮影) 貯水前の八ッ場ダム:https://youtu.be/cJT8yhYB_ow 【無人航空機の留意点】 ドローン等の無人航空機を飛行させる場合は航空法を順守するとともに、必要に応じて国土交通省への許可申請が必要です。→ https://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000041.html 当チャンネルでは国土交通省東京航空局による飛行許可承認(日本全国包括申請)に基づき空撮を実施しています。 また、航空法以外にも様々な制限があるため、飛行場所ごとに事前確認をおこなってください。 例1:公道で離着陸を行う場合→道路使用許可の申請(警察署) 例2:国有林上を飛行する場合→入林届の提出(森林管理署)