2019-10-28
はてなブックマーク

バスにシートベルトが付いていない理由

ブライトサイド | Bright Side Japan

乗用車に乗るときは、シートベルトをしますよね。 でも、バスにはシートベルトが付いていません。 あれだけ多くの乗客を運んでいるのに、いったいどうして? そんなバスが、乗用車よりも安全だと言われる理由は? バスが踏切で扉を開くのはどうしてでしょう? その他の疑問についてもいろいろとお答えしていきます! タイムスタンプ: 1.バスにシートベルトがついていないのはなぜ?0:29 2.バスレーンってなんであるの?1:29 3.乗り遅れた人がいてもバスが扉を開かないで行ってしまうのはなぜ?2:17 4.「運転手に話しかけるな」というサインがあるのはなぜ?2:54 5.運転手が中にいないバスの扉が開閉するのはなぜ?3:45 6.バスが乗用車よりも安全だと考えられているのはなぜ?4:29 7.踏切に差し掛かったバスが扉を開くことがあるのはなぜ?5:37 8.バスの車両基地周辺の治安が悪いのはなぜ?6:10 9.バスのディスプレイが次のバス停をタイミングよく教えてくれるのはなぜ?6:57 10.ラッピングバスの中から外が見えるのはどういう仕組み?7:50 11.バスのハンドルが地面に対してほぼ平たいのはなぜ?8:50 12.バスが流線型をしていないのはなぜ?9:44 概要: -乗客がシートベルをとしてしまうと、緊急時に避難するときの妨げになります -その他の公共交通機関と同様に、バスもまた時刻表に沿って運行することが求められます -扉を閉じて発車してしまったバスは、安全のために扉を開くわけにはいきません -バスの扉は外側からでも開けられる仕組みになっています -バスは重量のある車両のため、かなりの衝撃を受けることができます。また、長い車体は乗客の怪我を防いでくれます -広い土地を確保するためには、地価の低い地域が選ばれるため、周辺の治安はどうしても悪くなってしまいます -バス停に近づいたバスは、GPSのシグナルによってサインを切り替えています -ハンドルは前輪の車軸に接続しているため、運転手に対する前輪の位置によってその角度が変わります -流線型の車体は高速移動に向いていますが、安全運転を信条とするバスには無用の設計です ストックマテリアル (写真、動画など): https://www.depositphotos.com https://www.shutterstock.com https://www.eastnews.ru エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/ ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525 ------------------------------------------------------------------------------------------- 5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6 落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk 123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB 私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI ---------------------------------------- 声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)